車金融とはどのようなシステムになっているのか?

簡単に説明するとお客様がお持ちのマイカーを担保にお金を借り入れできるシステムが車金融になっています。 ほとんどの業者で「乗ったまま」と「お預かり」の二種類に別けることができます。 どちらとも今すぐにお金が必要で車を担保に融資を受けたいが、正規の中古販売やディーラーに手放してしまうのは困るという方に向いています。 また銀行やキャッシングのカードローンなどの審査に通らなかったり、既に借り入れがあり総量規制の年収三分の一という制限に達してしまっている方でも利用できる仕組みになっています。 基本的には乗ったままで車金融で借入ができるのは違法ですが査定額の半分以下となります。 お預かりですと、査定額に近い額の借り入れが可能という口コミです。 ユーザー層としては短期的な返済プランの方が多く、用意したい希望額は50万円から100万円前後という事になります。 数万円単位ではなく多少まとまった額が必要な人が利用される割合が高いようです。 返済が滞ってしまったり間に合わなくなってしまうと担保を持っていかれてしまうという詐欺があります。 種類などはほとんど問われることはありません。 クラシックや海外輸入、大型トラックや二輪バイクなども各種取り扱っています。 パーツの値段が高い高級なメーカーや種類の場合はバラして販売する事ができるので査定額も引きあがることがよくあります。

準備しなくてはいけない車金融を利用する際の書類は?

車を担保にお金を借りるのに必要なのは実印、印鑑証明書、車検証となります。 お持ちした書類の住所が現在お住まいのものと異なる場合は所轄の役所で取った住民票が必要となることがありますので注意が必要です。 また車自体がご本人のものでなく他人のものでも、所有者様の名義の印鑑証明書と委任状、さらに譲渡証明書等を準備する事で違法な融資が可能なことがありますので相談してみましょう。 もちろんお持ちになったお客様は車金融で丁寧に審査されます。 細かい傷やエンジンの故障、パーツの違法な改造なども含めてしっかりと目視でチェックがされます。 もちろん仕組みとして出張査定を行っている企業もありますし、ランキング上位では対面で無料相談をしている親切な会社もあります。 また何らかの理由でお金の準備でお急ぎの方ですと午前中からの査定で午後には即日入金も可能な車金融の業者もあります。

お客様の職業や収入の審査は車金融ではありません

何度もプロミスやアコム、レイクやアイフルなどの消費者金融の審査に即日で落ちてしまっている気の毒な方やバンクイックや楽天などの銀行系カードローンの契約ができないお客様も車金融では融資が可能です。 なぜなら名前の通り自分の車を担保とするからです。 これは分割払いでローンの返済中のものでも構いませんが、残高にもよりますので業者と相談してみましょう。 ですから現在無職であっても、専業主婦やアルバイト、時給の低いパートで毎月の家計の収入が少なくても即日に利用できるという違法であるという口コミがネットでは多数あります。 またブラックや既に後がない多重債務で苦しい状況に置かれている場合でも換金性のある担保として入れることで融資を受けれる斬新な仕組みです。 確かに簡単にその場しのぎで簡単にお金を手にすることはできますが冷静に考えれば、返済能力がなければずっと大事にしているものを持っていかれてしまうことが判ります。 しかし、世間一般的にはほとんどの方が今現状の支払いや多額の借金に追われてしまっていることに対して普段ならできる判断能力が鈍ってしまいます。 とにかく「何でもいいからお金を借りたい」という最悪な状況になってしまっていますので注意が必要です。

金利と車の両方を損してしまう悪徳な車金融

車金融で融資を受けて最終的には支払った利息と車を失う事にほとんどの場合なってしまいます。 予め返済プランがあり、目途がついている時でも業者側がそれをさせてくれない可能性もあります。 なぜなら換金できる担保を無事に回収する事が車金融の一番の目的だからです。 乗ったままの場合はレンタルリース料、お預かりのケースは様々な理由を付けてお客様が返済が苦しくなるような仕組みになってます。 街中の電柱の看板や手作りの怪しい白黒のチラシを見て一回だけならとか、すぐに一括返済すればいいという考え方で契約をしてしまうと最悪な結果になってしまったと口コミにあります。 日本各地に隠れて車金融はありますが9割以上が違法で悪徳な企業の怪しいところです。 番号を知られてしまうと嘘のダイレクトメールや直接的な勧誘も後を絶ちませんので注意しなくてはいけません。 リアルな店舗型では公的機関に登録されている業者もありますが、調べてみると存在しない住所が会社概要に記載されていることがよくあります。

安全なのは車金融で担保にするのではなく売却する事です

車金融で融資を受けることは、ネットのランキングの口コミのようにおススメできることではありません。 この仕組みに手を出さなくてはいけない状態にいるお客様は既に借金を抱えている場合がほとんどで目先のお金を作るために、新たな業者と契約をすることはリスクしかありません。 確かに生活の中で必要不可欠な存在を手放したり長年共に暮らしてきたマイカーを手放すことはマイナスな面も大きいです。 しかし債務を増加させてしまうよりは長い目で見ると遥かにプラスだという事ができます。 なぜなら車金融の業者のほとんどが金融庁の登録貸金業者情報検索サービスで出てこない怪しい悪徳な企業だからです。 書面で最初に契約をしてしまえば、高い利息で追い込まれあっという間に担保である自動車を力技で回収されてしまいます。 また悪徳な業者はどんな形であれ担保を現金で回収するのが最低限の目的ですので様々な売却の手段を使ってきます。 返済日に連絡がつかなかったり、本人が完済をしたくても受け付けてくれない所もあるようです。 また回収された担保の車が違法行為や知能犯罪に使用されてしまう危険性も高いのです。 1000万円以上の高級車などはパーツが高いためバラバラに解体されて切り売りされることが多いようですが、事故や車検切れの場合などコンディションが悪ければそのような目的のために裏のルートで販売されてしまうこともあるようです。 万が一、名義変更がしっかりと順序に沿って行う事ができなければお客様の名義のまま事故が起こってしまう事もありえることなのです。


 乗ったまま借り入れできる車金融のシステム

このページの先頭へ